フェイスリフトを行なうことによって肌を若く見せましょう

レディ

ヒアルロン酸の使いみち

ナース

用途様々

フェイスリフトを行なう上で、ヒアルロン酸の名前はどこかで必ず聞くことになります。今ではフェイスリフト以外でも化粧水などにもヒアルロン酸は含まれています。しかし、そんなヒアルロン酸のことを詳しく説明できるでしょうか。ここでは、あまり知られていないヒアルロン酸について少し詳しく説明しましょう。ヒアルロン酸は学術上ヒアルロナンと呼ばれている物質であり、ムコ多糖の一種です。体の様々なところに存在し、軟骨の機能維持のために特に強く活動しています。つまり、ヒアルロン酸の働きによって関節痛などの症状は防げているのです。そんなヒアルロン酸は鳥のとさかなどから大量生産することができます。使用用途としては、フェイスリフト以外ならば高い保湿能力を利用した化粧品として様々なものに含まれています。ちなみに、ヒアルロン酸は経口摂取しても実際に効果が発揮されるかどうかというのは実証されていないため、フェイスリフトでは主に注射によって補充します。

豊胸にも

フェイスリフトにおけるヒアルロン酸の使いみちについて紹介しましょう。一番多いのはやはりシワの解消やたるみの解消です。注射をすることによって溝を埋め、若々しい見た目にすることができます。なお、ヒアルロン酸と並んで有名なのがボトックス注射です。こちらはどちらかと言うと顔のエラを縮める効果があります。ボトックスは筋肉を麻痺させる効能があり、筋肉のこわばりによってできたエラならば小さくできます。ヒアルロン酸の注射で使用している意外な方法に、豊胸があります。脇もしくは胸の下にヒアルロン酸を注射してサイズを大きくします。ヒアルロン酸による豊胸はだいたい30分程度で終わり、ダウンタイムも非常に少ないのがポイントです。しかし、入れすぎると硬さでヒアルロン酸とわかってしまうため、ナチュラルな仕上がりにするためには使用量が限定されてしまいます。基本的にはワンカップ上げるくらいが上限です。また、ヒアルロン酸は分解されるので1年以内で効果が切れてしまいます。