フェイスリフトを行なうことによって肌を若く見せましょう

レディ

フェイスリフトのアレコレ

ドクター

施術方法の特徴

フェイスリフトには主に2つの施術法があります。施術の中でメスを使用する「切るフェイスリフト」と、メスを必要としない「切らないフェイスリフト」です。切るフェイスリフト、切らないフェイスリフト共に、複数の施術法があります。どちらにもメリットやデメリットがありますが、近年は施術後に傷が付かない切らないフェイスリフトが人気を集めつつあります。その中でも特に高い人気を誇るのが糸を使った施術です。糸を使ったフェイスリフト、一体どのような施術なのでしょうか。

切らない治療のメリット

切らないフェイスリフトには様々な施術法がありますが、その中でも糸を使った施術は高い人気を誇っています。その人気の秘密はこの「糸」にあります。実はこの糸、施術後に溶けてしまう作りになっているのです。もちろんメスを使うことも無いため、施術後傷跡はもちろん糸も見えないようになります。糸の素材は植物性になっているので、体内で溶けた後体が異物反応を起こすこともありません。それでいてしっかり肌もリフトアップされます。さらに糸の種類の中にはコラーゲン生成を期待できるものもあるため、リフトアップ効果だけでなく肌質改善にも十分な期待が持てます。そんな糸を用いた施術で最も怖がられているのが、施術時の傷みです。常に縫われている状態なので突っ張っていたいのではないかと思う人も多いようです。結論から言えば、そういったことはありません。体に違和感を感じることはほぼなく、見た目にも全く違和感が生じることはありません。もちろん施術時にも麻酔を用いて縫合するのです。

切る治療のメリット

では、切るフェイスリフトの方は切らない方よりも欠点が多いのかというと、そうではありません。「切る」ということからして顔に手術跡が残りそうだと考え、敬遠する人は多いですが、実際に着る箇所というのは目立ちにくい箇所から皮膚を取り除くので、よほど注意して見ない限り気づかれることはありません。また、腕の良い医師によって行われる施術は確実にフェイスアップ効果があり、しかも効果は糸よりも遥かに長持ちします。そのため、考えようによっては切ったほうが良いという見方もできます。もちろん、糸の方にも多くのメリットは有るので一概にどちらが正しいのかということはいえませんが、よく調べ、気に入った方法で試してみましょう。